JR姫新線新・かぐや姫伝説

トップ > 姫新線のある暮らし

姫新線ライフスタイル通信(仮)

No.1:非日常利用者の代表 -大阪府門真市在住-

電車の前で記念撮影姫新線の魅力はなんと言っても電化されていないところ。

列車が走る風景に無駄な線がないんです。

だから、鉄道模型のようにジオラマの中を走り抜けます。

里山あり、川あり、農地あり。共に暮らしてきた集落あり。窓から手を伸ばすと届きそう・・・

ガタンゴトンという懐かしい音あり、すぅーと鼻先を走る心地よいにおいありです。

列車に向かって手を振ってくれる地の人の笑顔!

豊かだね。
一見、置き去りにされた空間のように見えますが、よくよく見るとお宝が一杯です。

だから、秘め=姫なのかな?

だまされたと思って乗ってください。眠っていた五感が刺激されますよ。

バックナンバー

 


このページの一番上へ トップページへ戻る

区切り線

(C) JR姫新線 新・かぐや姫伝説 2006